結婚する時に結婚指輪と婚約指輪を用意するかはとても大事なことですから、二人で話し合って決めましょう。

結婚指輪と婚約指輪

結婚すると決まったら、結婚指輪と婚約指輪。

結婚すると決まったうれしい気持ちも結婚指輪と婚約指輪で更に盛り上がりますよね。

どちらの指輪も用意しなくてはならないという訳ではありませんが、結婚指輪を用意するカップルは九割、婚約指輪は最近は贈らないという人も増えている様ですが、七割程度の男性が用意している様です。

結婚指輪というのは、結婚したという証に夫となる男性と、妻となる女性が二人揃ってお揃いのデザインの指輪を左手の薬指にはめるものです。

一般的には、男性が女性用の結婚指輪を、女性が男性用の結婚指輪を用意することが多いそうです。

結婚式を挙げる場合は、挙式までに用意すること、購入するまでに選ぶ時間と、購入してから加工する時間が必要になります。

ブランドもデザインも豊富に揃っており、価格帯もかなり幅広くあります。

※参考ページ→分かる!結婚指輪知得ネット

婚約指輪というのは、結婚の約束をした誓いの証に男性が女性に贈る指輪のことをいいます。

婚約しましたなんて記者会見する芸能人が指輪を見せるなんていうシーンが記憶にある人もいるでしょう。

プラチナとダイヤモンドのセットになった婚約指輪が人気があります。

結納式をするカップルの場合は、それまでに準備すること、女性は婚約指輪の代わりに腕時計やスーツなどを贈ります。

結婚指輪に比べると高価なものになりますが、リーズナブルなものもあります。

結婚する時には、結婚指輪と婚約指輪を用意するかはとても大事なこと、二人で話し合って決めるといいでしょう。